サイドビジネスと内職の違いについて

今回は、サイドビジネスと内職の違いについて。

サイドビジネスと内職の違いはなんでしょうか?多くの人が似たようなイメージをお持ちと思います。
ではサイドビジネスにはどんな種類のものがあるでしょうか。

・内職
パートやアルバイトのように会社と契約して、ノルマを達成するのが内職です。
手加工等を伴う作業を在宅で行い、出来高個数に応じて契約報酬を受け取るものが元来の内職。
いわゆる、主婦が、家事の合間にする賃仕事。

・テレワーク
テレワーク (Telework) あるいはテレコミューティング (Telecommuting) といいます。
勤労形態の一種で、情報通信機器等を活用し時間や場所に制約されず、柔軟に仕事する働き方を言います。
テレワークの形態により在宅ワーク、モバイルワークなどに分類されます。
簡単に言うと会社員として働いていますが、主に家で仕事をすることが多いのがテレワークです。

・SOHO
SOHO(ソーホー)とは、文字どうりSmall Office / Home Office workers ・placeaの略称。
業務でインターネットなどIT、デジタル情報通信を積極的に活用する
「時間と場所に制限されない新しいワークスタイル」とされている。
会社に雇われているのとは違い自分で経営をするのがSOHOです。

以上のように見るとサイドビジネスも大きく二つにわかれることがわかると思います。
雇われのサイドビジネスと自分で起業するサイドビジネスです。

安定した収入を得たいなら雇われのサイドビジネス、安定しないが上手くやれば一角千金も狙える起業するサイドビジネス。
あなたはどちらを選びますか?

Archive List

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)