ネットショップとはどういうものか?

最近のハッキリとしない天気には嫌になりますねぇ。

まず始めにネットショップとはどういうものかについて説明したいと思います。
通常、自分のショップを運営するというと、在庫を買い入れ、その在庫を元に販売促進するというイメージがあります。
実際に、在庫を仕入れてネット上で販売しているサイトさんも少なくはありません。
しかし、上記のように自分の買った在庫を売るというシステムでは、まず始めに在庫の仕入れに費用が必要になってしまいますよね。
そして、在庫管理。在庫がなくなれば、また仕入れなければならない。
発送がめんどくさい。売れなかったら、丸損してしまう。
お金の受け渡しがめんどくさい。
など様々な問題がでてくるものです。
このサイトで紹介するシステムとしては、上記の問題で悩む必要はありません。
すべて仲介の業者さん。ならびに販売元の企業が行ってくれます。
私達ネットショップオーナーは、【売るだけ】で報酬がもらえます。
では、どうやって【売る】を実行するか?
それはその仲介業者(ASPなど)や、販売元に登録申請し、許可が下りた後に、自分で作ったネットショップ上に、広告を貼り付けて買ってもらう体制を整えるだけです。
販売元となる企業も、独自のマーケティングだけでは、なかなか売り上げが伸ばせないで困っています。
そこで仲介業者(ASP)に頼み、その販売したい商材をより多くのネットショップなどで扱ってもらうことにより、多くの売り上げ向上を目指しているというわけです。
ASPの量も多くて、報酬率、広告の掲載法、提携企業数など、違ってきますから、より自分にとって良いパートナーのASPと手を組みたいところですよね。
上記にも書きましたが、発送、在庫個数、金品受け渡しなどは、すべてASPか販売元が行ってくれます。
自分は、ASP(販売元)の用意した広告を貼り付け、その広告をクリック後、買ってくれるユーザーを増やしていくだけです。
ホームページ運用費用(有料HPスペースなど)だけで、うまくやれば莫大な報酬を得られるわけですから、最近では本当に手軽に自分だけの、そして自分がオーナーのネットショップを開業することができます。
ここでは、簡単な紹介だけですので、この辺にしておきます。

Archive List