ネットショップ 開業:ASPへの登録

今日も良いお天気に恵まれ、気温も上昇中。

ネットショップ 開業:ASPへの登録

最近ではASPという言葉もある程度、聞きなれてきた感じがあります。
ASPとは、簡単にいうと、仲介業者です。
インターネット網もかなり広まって、企業などもどんどんインターネットでの販売促進に乗り出しております。
しかし、そういう企業も独自で販売などしていては、なかなか収益に結びつかない。
そこで、ASPと言われているサービスに登録するわけです。
ASPは企業と提携しているだけでなく、ごく一般的なネットショップなどのサイト運営者とも提携しています。
企業からこういう商材を売りたいと言われれば、ユーザーにその旨を示し、ユーザーが売る気になれば、その販売促進に努めるというわけです。
販売自体は企業が行います。販売したかどうかは、ASPが管理しています。ユーザーは、その商材を様々な方に紹介をするだけです。
例えばAさんが、Bさんのサイトの広告経由で、化粧品を3万円分購入したとしましょう。
その化粧品の報酬率は10%だとします。
ASPはAさんが、Bさんのサイトから訪問したことを記憶します。そして購入されたらASPがBさんへ3000円の未確定報酬として示します。
化粧品販売元へAさんがお金を支払います。そうするとASPにも通知が行き、Bさんの報酬が未確定から確定へと変わります。
これで、Bさんは3000円をゲットできました。簡単ですね^^
ただし、ASPによっては、確定までにかかる日数が様々です。
お金を支払ってもらった時点で、確定されるところ。月末に一括して確定を行うところ。
不定期で確定を行うところ。などいろいろです。
ただ、支払ってもらったものは、ほぼ間違いなく売り上げにはなりますので、安心してくださいね^^
またASPや販売元によって、報酬率が変動します。
上記の例として、10%として紹介しましたが、1%のところもあります。
50%も、得られるところもあります。
なるべく報酬単価の良いサイトから収益を得たいものですよね^^
そうそう、ASPへの登録は完全無料で行えます。
解約するときにも費用は一切かかりません。
もちろん広告を張ったからといって、費用がいるわけでもなく、ASPから支払ってもらうだけなんです。
なんだか、怪しい…。と思われるかもしれませんが、ASPも販売元からマージンを貰っていますから、全く怪しいことはありませんよ^^
売れなかったら、売れなかったで、元手なし、管理費用はサイト運営費のみなので、手軽にできるビジネスといえるでしょうね。
とは言っても、売れるも売れないのも自分次第です。
あなたのもっているビジネスセンスを試してみましょう!

Archive List