ネットワーク形態の分類

分散型には、友人関係NW、道路NWなどが当てはまる。理由は、友人関係などは、人脈があればある程、仕事も増え、困った時に相談しやすく問題解決の近道である。

道路NWは、例えば道の整備や事故で通行できない際に、迂回して通行できるようにするため、道路NWは障害に強く、分散型が当てはまる。

ループ型は情報NWのLANや鉄道NWが当てはまる。LANはバス型NWの始点と終点を結んだ形のリング型NWと呼ばれている。

また航路NWはループサービスが開始されている。外国では輸送の際、日数が大幅に短縮するためループ型を多数利用している。

直線型は放送NWや、買物NWが当てはまる。放送NWは、広告主から広告費をもらい、CMを制作しエンドユーザーに広告を流す。また買物NWは、卸業者から商品を、デパート、スーパーにディスプレイし、エンドユーザーが購入する流れになっている。

集中型は、企業NWやインターネットが該当する。理由は、企業NWは代表取締役が病気等でいなくなると、会社が混乱する。また、インターネットも契約しているプロバイダーなどが障害になるとインターネットを利用することができない。

点接続型は、電話NWや、ISDNが当てはまる。中継電話は他の電気通信事業者の電話回線間の加入者に提供する。ISDNは中継装置を置きサービス未提供の回線に対して適用する。

ツリー型は生産ラインNWや血縁関係などがあげられる。その理由は生産ラインも各工程が出来上がり次第次の工程に進み、一つの製品が出来る。一つ欠けると製品が出来ない。また、企業や学校内等の人脈も、上司が何らかの理由で不在の時、物事がうまくいかないことがある。

網状型は、物流などの管理制御NWや、銀行のオンラインシステム、郵便NWなどがある。管理NW制御や、銀行のオンラインシステムは、システムダウンを防ぐため、バックアップや予備システムを用意して、障害時に対応する。また、郵便NWは色々な地域に郵便局や配送オフィスを構え、より近い配達地に近いところへ配置する。一つの郵便局がなくてもそのほかの近い郵便局から配送することが可能である。

Archive List