ポスティングとホームページ費用対効果が高いのはどっち?

広告で考えなくてはいけないのはポスティングと、ホームページを作ってネットで広告を撒くのと、費用対効果はどっちが高いか?です。

ポスティングには、チラシを作るコストはもちろん、アルバイトの人件費もかかります。

そのうえB社の場合、時給でいったら3万円くらいの価値があるはずの社長さんまでポスティングをしています。

一方で、ホームページなら、一度作ってしまえばチラシのような印刷代は必要ありません。運営し始めたら人件費だってほとんどかかりません。

インターネット上の広告にかかるコストは「1クリックあたり80円〜90円くらいです。

「キーワードに興味を持ってクリックしてくれる人」に払うお金としては、高くないでしょう。ということは、最終的にはホームページの方が安い。

「ポスティングもホームページも、やっていることは一緒」という話は、B社の社長さんにはなかなかわかってもらえませんでした。。

そもそも社長さんは、「ホームページなんかで商売ができるか」とかなり疑っていましたし、”プッシュ型営業”と”プル型営業”は一見、正反対のアプローチ法ですから、ピンとこなかったのだと思います。

しかし、じっくり説明したら気付いてくれました。「ホームページはコスト的に割にあっている」。

そこで”超体育会系営業”のB社がミスターフュージョンと組んで、ホームページにとりかかることになりました。

ポスティングとネット広告のせいかを比べると(獲得単価)

ポスティングの場合

コスト20万円:チラシ1万枚を作成・配布

↓↓↓↓↓↓

デザイン5万円、チラシ印刷10万円、チラシ配布5万円
反応率・・・0.01%で1人

獲得単価=20万円

ネット広告の場合

コスト20万円:ページ制作10万円、残りの予算で広告配信

↓↓↓↓↓↓

広告クリック・・・単価80円×1250人

反応率1%で12人

獲得単価16,666円

結論:ネット広告の法が安い場合もある。

その結果チラシ以上の成果が出ています。

結局のところ、「だれにモノを売るのか」を考えて、そこに向かって売り込んでいくという意味では、プッシュ型もプル型も関係ありません。

商売のやり方は突き詰めれば「すべて同じ」です。

Archive List

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)