企業サイトのホームページ制作について

今日は、企業サイトのホームページ制作についての注意事項。

いま企業サイトに必要なもの
ほんの数年前まで、多くの企業にとってWEBサイトは先進性の象徴でした。
しかし無数の企業がWEBサイトを設置している現在では、「WEBサイトで情報を公開している」というだけでは、情報を伝達する手段とはなりません。
見せる、ではなく、もてなす気持ち
WEBサイトはネット上でお客様をお迎えするエントランスであり、WEBサイトのデザインやレイアウト、コンテンツ、それらが与える印象がそのまま会社のブランド形成に直結します。お客様に対して気を配り、企業風土を伝え、その目的をスムーズに達成できるよう準備を整えておくことは、いわばエントランスにベンチを置き、花を飾り、廊下を片付けておくようなもの。ただ言いたいことを伝えるのではなく、興味を持ち、好感を持ち、積極的な行動を促すようもてなすことは最低限必要な努力と言えます。

ユーザー目線のWEBサイト作りが必要
実際に自分がユーザーになったつもりでサイトを作ってみる。
今日のユーザーは何の目的も持たずにフラフラとWEBサイトを訪問することはありません。「●●●したい」という動機を持ったユーザーになったつもりでサイトを使って評価する。この時注意したいのはただ漠然とした目的ではなく、「●●」の為に「●●」したいというようにブレークダウンして考えることが重要です。

Archive List