制作後ではなく設計段階から取り組もう「SEOを意識したサイト設計」

Webサイトへのユーザーを呼び込むには、検索エンジンの存在が欠かせません。

新たなサイトの構築では、検索エンジンを意識する必要があります。

完成後ではなく、制作前からSEO(検索エンジン最適化)考慮したサイト設計が大切です。

SEOの内部対策と評価の基準

検索エンジンのロボット(クローラー)は、人間のようにWebページを視覚的に捉えるのではなく、Webページに含まれるテキスト情報を収集して、どのような情報を提供しているページかを評価します。

この評価をあげる作業が、SEOの「内部対策」です。

内部対策では、webサイトを訪れたユーザーに対して、求めている情報をスムーズに提供できているかが評価の基準となります。

ユーザーが情報を取得しにくいWebサイトは、検索エンジンからの評価が悪くなります。検索エンジンは、ユーザーが検索したキーワードに関連するさまざまなwebページの中から、ユーザーにとってより「有益な情報を提供している」であろう優秀なページを上位に表示します。

内部対策の基本ポイント

内部対策の基本は、HTMLの最適化です。

中でも「title」、「meta description」[meta keywords][h1]の4つのタグは、サイトの基本情報を示すタグであり、最適な状態にしなければなりません。

titleタグは、Webページの名称を表すもっとも重要なタグです。検索対象としたいキーワードをタイトルの先頭に配置し、このページがどんな情報を提供しているのかを検索エンジンにアピールします。

meta descriptionには、検索結果ページに表示される説明文を記述します。説明文はユーザーの目に止まるので検索エンジンだけでなく、ページへの誘導にも繋がる重要なタグです。

一方、meta keywordsは元々webページに関するキーワードを検索エンジンに明示する為のタグですが、以前に比べ重要度は低くなっています。

大きな効果は期待できませんが、サイトに関連するキーワードを複数アピールするには有効な手段と考えられています。

h1タグはページないの見出しとなる部分で、titleタグなど他のタグと内容が重複しないように適度にキーワードを配置するとよいでしょう。

タグの最適化以外にも、キーワードの含有率やXMLサイトマップを配置、URLの正規か、SEO対詳細とのコンテンツが他のサイトや他ページと重複してないかなど、サイト内部を最適化する方法は対数ありますが、基本はあくまでもユーザーが求める情報を迅速に提供する事にあります。

ユーザビリティを向上することが成功につながると言えます。

Archive List