副業の確定申告について

今日は、副業での収入における確定申告について。

会社に勤めながら、副業を始める人が一番心配するのが、「会社にバレはしないか」ではないでしょうか?
年間数十万円の利益が出た場合、通常、会社がその情報を、税務書類を通じて知ることは可能。
ですが、サラリーマンの場合、年間の副業収入(雑所得)が20万円未満の場合は確定申告は不要です!
アフィリエイトだけで年間20万円を超える方はそうそういないでしょうから、確定申告なんてしたくないけど、ちょっとした副収入が欲しい!って方は、まずはここからはじめてみるといいんじゃないでしょうか?

20万円以上の副業収入の場合確定申告が必要になります。

基本的に、サラリーマンが副業を行なった場合よっぽど金額が大きくならない限り、雑所得として計算されます(金額によっては事業所得)。これは、税務署の判断になります。
雑所得については、「収入額-原価&経費」を引いたものが課税対象となります。
ネット副業の場合でしたら、通信費(プロバイダ料金、電話代)や光熱費(電気代)などがこれに含まれるでしょう。「ネットショップ」を運営している場合でしたら、その商品原価を差し引きます。
また、必ずしも認められるわけではありませんが、情報収集の為に支出した書籍代や収入を得る為に支出した交際費等も経費として認められる場合があります。領収書等を保管しておくとよいでしょう。

では、副業が会社にバレないためにはどうしたらよいのか?
これを一番気にされている方が多いようです。

会社側が、サラリーマンが副業をしていることが知る方法は、「住民税の支払い」というものです。
サラリーマンが確定申告するとき、住民税の欄のところに、住民税の特別徴収か普通徴収にチェックを入れてください。という項目があります。「自分で納付(普通徴収)」の枠にチェックを入れておけば、地方税などの請求が会社に行かず、本業と副業とに分かれて個別に請求され、副業の部分は自宅に届くので、会社に副業での収入を知られずに済みます。
そんなに心配はないはずです。

Archive List

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)