労力・時間を使わないビジネス

WEBサイトならば、労働で収入を得る訳では無いので時間に縛られる事が無く、自由な時間を有効的に活用する事ができ、肉体労働では無いので本業に差し支えることがありません。
自宅に居ながらにして出来る点もWEBサイトの大きな特徴と言えます。
男性に限らず主婦層にも指示される大きな理由と言えるでしょう。
そこで当社のサービスはお客様のご都合に合わせたプランをご提案!

最近話題のネットビジネス

代表的なWEBサイトを例にあげると、「アフィリエイト」、「ドロップシッピング」、「オークション」、「株式投資」、などがあります。

アフィリエイト

Webサイトやメールマガジンなどが企業サイトへリンクを張り閲覧者がそのリンクを経由して当該企業のサイトで会員登録をしたり商品を購入したりすると、リンク元サイトの主催者に報酬が支払われるという広告手法の事です。
多くのネットユーザーがやっていますが。実際の月の収入としては1万円未満のアフィリエイターがほとんどのようです。
アフィリエイトは瞬発力が低く実際の利益率が低いので収入としては低くなる
と言う側面があります。

ドロップシッピング

英語の流通用語で生産者からの直送を「ドロップシップメント」というが、そこから派生したインターネット通販の新しい仕組みです。
仲介会社は各メーカーや卸がもっている商品の情報を集約し一元管理する。 ウェブサイトを運営する個人などがここで会員登録をすれば気に入った商品の情報を手に入れ、その商品の情報や写真を自分のウェブサイトに掲載して商品の販売ができる。
会員は自分で在庫をもたずにすみ、仲介会社は商品が売れるとその会員から一定の手数料を受け取る。
会員は自分で商品の価格決定権をもっており、仲介会社が提示する商品の「卸値」に自由に利潤を上乗せできるWEBサイトシステム。
利点は商材や利益率を自分で決定する事ができるので収入としてはアフィリエイトよりも稼げる可能性が高いが、ホームページの作成から管理、更新などと、ホームページに関する知識や技術、作業にかかる莫大な時間などと手間暇がかかってしまいます。
商材については卸会社と直接交渉して商材を自分で集める必要性などもあり、時間、知識、技術、資金などが必要になるのでインターネット初級者には向かない点があります。

オークション

YAHOOオークションや楽天市場など最近では極身近になってきたインターネットオークション
マーケット自体の規模が大きい為に個人で出品するだけでも瞬発力が高く多くの人の目に止まる点が有効ですが、オークションと言う特性上、売上げ利益率が低くなってしまう事も多く、結局はフリーマーケットの延長のような利益しか得られないことも多いです。
一般の初心者がおこなう為にはしっかりとしたノウハウが必要になります。

株式投資

株式投資とは、株式を対象に、投資をすることです。
株式とは、会社が活動資金を得るために発行する有価証券の事です。インターネットによるオンライン証券取引を利用して、1日の間における利鞘稼ぎの株式取引を専門に行う個人投資家の事をデイトレーダーと言います。
最近では株式の取引のみならず、外国為替取引などでも行われ始めているようですが、やはり株式投資はハイリスク、ハイリターンであり、投資に掛かる資金も莫大に必要になる上に専門的な知識が必要になるので初心者はオススメできません。

Archive List

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)