見る人にストレスを与えないホームページ制作

今日は、見る人にストレスを与えないホームページの制作について。

1、大きな画像をいくつも使わない。
 写真画像は結構重いです。大きな画像はデーターが重くなる原因です。大きな画像を何枚も使うと表示速度が遅くなります。

2、イラストやアイコンや文字の色数は少なめにする。
 色数を増やすとデーター量が増えデーターが重くなります。

3、意味の無い動画を使わない。
 動画(Flash)はイラストや写真よりもはるかにデーターが重くなります。

4、写真の解像度は65~75dpiを基本に。
 あまり写真の画像解像度を低くすると見づらくなります。

見る人にストレスを与えないホームページを作ることは、ネットショップを運営していく上で、
大変重要なことです。

Archive List

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)