運動で骨粗鬆症を予防できるのか

 

骨粗鬆症とは、骨が構造的にもろくなって、骨折しやすくなる病気である。

 

要因は、年齢の増加、女性ホルモンが不足、遺伝や体質、栄養不足などである。。

運動や食事で骨粗鬆症は防げるのかとりあげることにした。

予防に重要なのはカルシウムの摂取であるが、吸収を助けるビタミンDの大部分は皮膚で紫外線によってつくられ、腎臓で活性化する。

 

日光に当たると、骨の吸収を良くするビタミンDが活性化され、強い骨を作るのに役立つと考えられることだ。

 

宇宙飛行士の話が有名だが、宇宙で運動していない乗組員よりも運動しているほうが運動をする場合、しない場合では、骨への影響が大きく違うことだ。

 

このような理由から骨粗鬆症の予防に良い運動として、骨に対する刺激の有無が骨の強さを規定する一因であることを示唆していると思われ、運動が刺激として有効である。

Archive List