運動による脂質の過酸化を防ぐ手段

老化の原因には、酸化、糖化がある。

 

活性酸素による体の酸化による害を防いでくれるのはビタミンEである。

 

日常生活レベルでは、ビタミンE、ビタミンCなどの抗酸化剤が含む食品の摂取も重要である。

 

体内では合成されないビタミンの役割と、食事から摂取することで、運動や食事で抗酸化能力を再生する役割があるため、食事で老化を遅らせることができる。

 
糖化を予防するには、血中の糖と細胞中の糖を下げる事が必要である。

 

血中の糖と細胞中の糖の両方を積極的に減らす方法は有酸素運動だけである。

 

運動するときのエネルギー源は、糖と脂肪である。激しい運動では糖が多く使われ、軽い運動だと脂肪が多く使われる。

 

つまり脂肪を効率よく燃焼させ、過酸化を防ぐには、強い運動をするよりも、軽い運動を続けることが効果的である。

Archive List