電子工学について

オームの法則は、かける電圧・抵抗の値・流れる電流の大きさの関係を表した法則である。

抵抗器の両端に電圧(電位差)をかけると、針金には電圧に比例する電流が流れる。

すなわち電流Iと電圧Vの間にはV=R×I   または、R= V ÷ I 、または、I=V÷ R  の関係があり、これがオームの法則である。

ここでRは物体の電流を流しにくい度合いを指すものである。電気上であるので電気抵抗とも言われる。単位はΩ(オーム)である。
※単位

・電圧(V)は「V」で、読みが「ボルト」である。

・抵抗(R)は「Ω」で、読みが「オーム」である。

・電流(I)は「A」で、読みが「アンペア」である。
 1826年にG.S.オームは熱伝導との類推から上の関係を推測し、電流の強さは電圧に比例し、抵抗に反比例する」という電気学で一番有名な法則を発見した。

※エジソンも、オームの法則を駆使して、色々な電気に関する発見や発明をしたと伝えられる。

 

 キルヒホッフの法則は、G.R.キルヒホッフによって発見された法則であり、次の法則がよく知られている。

任意の直流回路の電流を計算するための一般的処法である。二つの法則の形に述べられている。

第1法則:回路網上の任意の電流の分岐点において電流の流入の和と流出の和は等しいことである。

第2法則:回路網上で任意の閉じた環状の電路をたどるとき電路中の電源の電圧の総和と電圧降下の総和は等しい。

 

例)T字に分かれた回路のとき
I1→ ←I2
   ↓
   I3
I1+I2=I3が成り立つのがキルヒホッフの法則です。
また、電流はどっちに向いていても成り立ち、
入っていく電流と出て行く電流が同じになるという法則である。

Archive List

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA