0円ミニノートPC

低価格かつ軽量小型で持ち運びに便利なミニノートPCの人気に拍車がかかっている。
家電量販店では「0円」「1円」「100円」のミニノートPCも登場するほど。

ミニノートPCの価格は5万円前後が多いが、
なぜ、このような金額が可能なのか。

これは、インターネットに接続するためのデータ通信サービスとのセット販売で実現可能となったもの。
要は、「1円携帯電話」と似たような仕組みとなっており、
初期費用は少なく済む分、月額料金から相殺されるという仕組み。

たしかに、0円ではなくてもミニノートPCを手に入にいれれば、データ通信を使いたくなるはず。
そう考えると、5万円出してミニノートPCを買ってさらに通信費用がかかるよりは、よほど得である。

最近は携帯電話でも5万円近くするものが発売されている。
携帯電話とミニノートPC、両者にもう金額の差は、ほとんどなくった。
これからのモバイル業界に注目していきたい。

Archive List

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA