ブレーンストーミングとバズセッション

 ブレーンストーミングとは、1つのテーマについて、複数の参加者が自由な意見を活発に発言する事で荒鉈アイデアを生み出す会議方式です。

略して「ブレスト」「RS」などと呼ばれ、「他人の意見の否定や批判禁止」「質より亮を重視する」という2つのルールのもとで実施します。

 ブレストの目的は、たくさんの意見や多種多様なアイデアを出す事にあります。参加者全員が活発に意見をだせるような場の空気を作る為にも、否定や批判の禁止は徹底しましょう。

ただし、ルールの徹底ばかりに力点が置かれるようであれば、人選から改めて考える必要があるかもしれません。

ブレストでは、参加者の発言がある程度出そろったところで、KJ法などをつかって意見を整理します。

意見を整理する事でも、新たな意見が期待されます。

整理する事でも、新たな発見が期待されます。

 一方、バズセッションも複数の参加者が1つのテーマについて話し合う会議方式ですが、参加者をいくつかのグループに分け、それぞれにリーダーと初期を配置します。

グループごとに議論し、最終的にグループで集約した結論を発表します。

各グループないの話し合いにはブレーンストーミングが採用される事もあります。

ブレーンストーミングでは比較的独創的な意見がでることが期待でき、バズセッションではたくさんの人の平均的な意見を集約出来ます。

Archive List