Androidマスターコースの情報を公開いたしいました。

Android
 
 

 

受講生 3800以上の実績
日本最大の Android アプリ開発講座

初心者・入門者から上級者の評判も高く、iOS/iPad/ スマホアプリやソーシャルゲームの開発できて、RainbowAppsでプロモーションします。就活生にも安心の就職・転職、受託開発もサポート。有料・無料アプリランキング1位を獲得したアプリ多数。Objective-C Java HTML5 CSS3 PHP Perl Unity AmazonWeb Services(アマゾンウェブサービス)各種プログラミング言語習得可能

 

kuwashiku

 

 

Androidアプリ開発マスターコース概要
アプリ開発を全面バックアップ!
 
毎回一つのアプリ開発に挑戦!
全10回の講義で10個のアプリを作ります。
講師の懇切丁寧な説明のもと実際にコーディン グし、そのあとは各自でオリジナルアプリに拡張するという形で進行します 。全コースを通じて、あなたの作りたいアプリを開発し、Google Playに登録、公開するのがゴールです。人気アプリの解説講座、アプリのフォーマット事例講座、面白いアプリの企画方法などのブレイクタイム講座も毎回ご用意します。 
 
アプリ開発に必要な 4つのステップ を完全にマスター
  1. 開発環境SDKの整備:Google Play 登録
  2. アプリの企画とコーディング
  3. 実機インストールと検証
  4. Google Playを使って公開登録・リリース  

 

就職・転職、独立開業・受託開発支援
就職力100、年収倍増、アプリ売上数千万の実績
 
新卒年収 600万円〜1000万円
アプリエンジニア最高 3000万円
入社祝金 200万円〜500万円
 
スマホアプリエンジニア 人材争奪戦、高報酬で囲い込み
スマートフォン(高機能携帯電話)の隆盛を受け、ネット各社の間でソーシャルゲームやiPhone Androidアプリ開発に携わるエンジニアの人材争奪戦が過熱している。 エンジニアへの報酬も高騰しており、DeNA、GREE、サイバーエージェントなどは中途採用者に200万円程度の入社一時金を支うなど人材確保策を強化し限られたエンジニア争奪戦は今後も続きそうだ。
 
 「(ソフトなどの)作り手が完全に不足している」 
 
 サイバーエージェントの藤田晋社長は会見でこう話し、1年間で中途・新規合わせて計300人を採用する方針を表明した。同社はアメーバを中心としたネットサービスへのシフトを強めており、 アプリ開発のエンジニア確保が不可欠となっている。 2009年従業員の10.8%だったエンジニアの割合は、11年に36.6%に急上昇。「中長期の競争力の源泉は技術者」といい採用強化にも余念がない。

Archive List

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA