RFP作成について

繰り返される制作発注の悲劇

企業が自社サイトのリニューアルを社外へ発注するとき、貴社Web担当者のレベルによっては「なにをいつまでにいくらでどのように作ってほしい」かを担当者自身が把握しないまま、制作会社数社から見積を取り、決裁者が金額を見比べ、安値を提示している制作会社を選択しているケースが少なからずあります。

担当者が見積依頼内容を把握していない

制作会社側が依頼主のオーダーの意図をくみ取り、各社それぞれに提案内容とその見積もりをすることになります。
結果、各社の提案・見積は一元的に見比べられるものではなくなり、各社それぞれに良い点やもの足りない点が混在し、業者選定の難易度が異常に高まります。

どこが良いのか判断がつかない。だから金額で決めてしまう
「あいまいなオーダー」に対して、きちんと考えたところほど、見積金額はかさみます。

貴社事業でも同様なように「安いのは理由がある」わけです。

企業ホームページは安くても数10万円~数100万円の投資。安さで選ぶと最低限数10万円をドブに捨てる可能性が非常に高い、リスキーな選択をしていると言えます。

いつもホームページリニューアルが失敗に終わる企業は、依頼前に・業者選定前に必ず実施すべきプロセスを省略している

RFPという言葉を知っていますか? RFP(提案依頼書)は、情報システムなどの見積を複数のシステム開発会社へ依頼する場合にあらかじめ発注企業側が用意する「なにをいつまでにどのように」の概略をまとめた、「見積作成の前提条件」を提示するドキュメントです。

RFPがあることにより、数社へ依頼して出てくる見積書は、基本的には同じものを調達するときの各社の料金の差異を見比べられるものとなります。

「欲しかったあの製品、一番安く買えるところはどこ?」とお店選びをする状態に近づくわけですね。

RFP無しで見積依頼をしているのは「私は幸せになりたい。提案と見積出して」と他人に頼んでいるのと同じです。言われた側は悩んで悩んでそれでも提案と見積を用意します。

このように、適切な投資効果を確実に得たいのであれば、特に、数社から相見積を取るのであれば、ホームページ作成にはRFP=提案依頼書が不可欠となっているのです。

難しいRFPづくりを完全サポート

とはいえ、RFPを用意するためには、IT・インターネット・企業Webサイトのトレンド等々、広範な知識と企画構成力が必要です。弊社では、貴社ホームページリニューアルに欠かせないRFPづくりを強力にバックアップします。

当社がまとめるRFPをもとに、制作会社から見積を取ってください。

貴社のメリット:まとめきれなかった要望を整理した上で見積依頼が行えるようになり、相見積の精度が格段にアップ

多額の予算と貴重な時間を失う前に、まずはお問い合せください。

RFPづくりの料金はケースバイケースとなります。50万円の予算案件ではRFPづくりもスムーズですが、500万円の予算案件だとRFPづくりも相応に複雑さが増していきます。

1,000万円程度のWeb案件までなら、自信を持って対応可能です。

Archive List

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)