Windows 7対応のPCを選ぶ

新しいパソコンが欲しいけれど、予算は少なく! という人が多いのではないだろうか。
昨今、ネットブックを筆頭にパソコンも低価格化が進んでいる。
但し、この時期にパソコンを買うなら、一つ気をつけておきたいことがある。
それは、マイクロソフトが10月22日に発売する「Windows 7」を使えるかどうかだ。
そして安くアップグレードできるかどうかに注目してほしい。

現在、販売されているWindows搭載パソコンのOSは、「Windows XP」と「Windows Vista」の2種類が大半を占める。
Windows Vistaを搭載するパソコンを購入すれば、Windows 7に数千円でアップグレードできる。
メーカーの「優待アップグレードサービス」によるもので、無料でサービスを提供するメーカーもある。
Windows 7を使いたいのならWindows Vistaを搭載したパソコンを選ぶのが賢明だといえる。
ただし、Windows Vistaの入門エディション「Windows Vista Home Basic」は、優待アップグレードの対象外なので注意。Windows Vista Home BasicからWindows 7にアップグレードするためには、
最低1万5800円のアップグレード版を購入する必要がある。購入時は安くても将来的には損をする可能性が高い。
OSの種類に注意して、「Windows Vista Home Premium」以上のエディションを選ぼう。

また、Windows XPを搭載したパソコンも、「Windows Vista Business」からダウングレードしたものならWindows 7への優待アップグレードが受けられる。それ以外のWindows XPを搭載したパソコンは、Windows 7への優待アップグレードの対象外。
人気のネットブックも対象外である。
Windows 7を見越したパソコン選びのポイント

・CPUはデュアルコア、CeleronやPentiumのデュアルコア版がお薦め
・メモリーは2GB以上
・グラフィックス機能はチップセット内蔵で十分
・HDD容量は予算に合わせて選ぶ(後から外付けを買うという方法もある。)

以上の点に注意してWindows 7を快適に楽しんででいただきたい。

Archive List